【車掌】は英語で何て言う?「切符を見せる・車内放送」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

電車などの【車掌】は英語で何て言う?

電車の【車掌】は英語で何て言う?

「車掌」は英語で[train conductor]

電車などにおいて、乗客の接客や検札などを行う乗務員である「車掌」は英語で[train conductor]などと表現します。

ここで使われている[conductor]には、「案内人・添乗員」などの意味があり、そこからバスや電車の「車掌」という意味でも使われている単語です。

スポンサーリンク

ですので、電車の話をしている前提があれば、[conductor]だけでも十分「電車の車掌さん」という意味で使えますよ。

例文として、「車掌の仕事の一つに車内放送があります。」は英語で[One of the duties of train conductors is make their onboard announcements.]などと言えばオッケーです。

また、日本の車掌さんの車内放送(アナウンス)で多い「鼻にかかった」は英語で[in a nasal tone]なんて表現する事が出来ます。

スポンサーリンク

日本でも車掌さんの業務としてよく知られている、キップのチェック「検札」の事を英語では[ticket inspection]などと言い、「車掌に切符を見せる」は英語で[show one’s ticket to the train conductor]なんて表現が使えるので覚えておきましょう。

ちなみに、この「検札:ticket inspection」を変化させて[ticket inspector]と言う事で「検札をする人=車掌」という意味でも使う事が出来ますよ。

合わせて、車掌さんが乗客を押し込む事もある【満員電車は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました