【入札談合】は英語で何て言う?「公共事業・家宅捜索を受けた」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

不正な入札【入札談合(不正入札)】は英語で何て言う?

不正に入札する【入札談合】は英語で何て言う?
不正に入札する【入札談合】は英語で何て言う?

「入札談合(不正入札)」は英語で【bid rigging】

国が発注する公共工事などにおいて、入札に参加する企業同士が事前に相談して入札する金額や企業を決める「入札談合」は英語で[bid rigging]などと表現します。

ここで使われている[bid]は「値を付ける・入札する」という意味で、[rig]は「不正手段で操る・八百長をする」などの意味がある単語です。

スポンサーリンク

つまり、英語では「不正手段で入札する」というニュアンスで入札談合(不正入札)を表現する訳ですね。

例文として、「あの会社は東京オリンピックのテスト競技の入札談合問題で家宅捜索を受けた。」は英語で[The company was raided over bid rigging for Tokyo Olympic test events.]などと言えばオッケーです。

また、入札において談合が行われている可能性が噂されている時の「入札談合疑惑」は英語で[bid-rigging scandal]などと表現しますよ。

スポンサーリンク

もし「入札談合する・談合入札する」という動詞にしたければ[rig bids]などと言えるので覚えておきましょう。

ちなみに、入札談合が行われる場合もある「公共事業」は英語で[public works]などと表現しますよ。

合わせて、談合入札の結果行われる事もある【工事中は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました