【スフィンクス】は英語で通じる?通じない?「ギザの大スフィンクス」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピラミッドの前にいる【スフィンクス】は英語で通じる?通じない和製英語?

【スフィンクス】は英語で通じる?通じない和製英語?
【スフィンクス】は英語で通じる?通じない和製英語?

「スフィンクス」は英語で【通じる】

エジプトやギリシアの神話などに登場する体がライオンで顔が人間の「スフィンクス」は英語でも[Sphinx]で通じます。

この「スフィンクス:Sphinx」という言葉は、「締める者・縛る者」というような意味があるラテン語・ギリシャ語の[Sphinx]が語源とされています。

スポンサーリンク

また、スフィンクスと言えばギザのピラミッドの前にたたずむ「ギザの大スフィンクス」が世界的に有名ですが、英語では[The Great Sphinx of Giza]と言いますよ。

例文として、「エジプトに行くならギザの大スフィンクスを見に行った方がいいですよ。」は英語で[If you go to Egypt, you should go see the Great Sphinx of Giza.]などと言えばオッケーです。

そんなギザの大スフィンクスやピラミッドの観光ではラクダに乗るツアーが知られていますが、「ラクダツアー」は英語で[camel ride]なんて言うので覚えておきましょう。

スポンサーリンク

実は「スフィンクス」と一言で言ってもエジプトでは王家のシンボルのような神聖な存在として扱われている一方で、ギリシア神話では怪物のような扱われ方をしているんです。

ちなみに、エジプトのスフィンクの顔は「王(ファラオ)」の顔ですが、メソポタミア神話やギリシア神話ではスフィンクの顔(頭)は女性の頭であるという違いあるんですよ。

合わせて、スフィンクスやピラミッドなど、パワーが宿るとされる場所【パワースポットは英語で通じない?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました