もしかしてフランスで一番便利?→私がフランス生活で頼っていたもの【フランスは今日も平常運転(2)】

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
もしかしてフランスで一番便利?→私がフランス生活で頼っていたもの
もしかしてフランスで一番便利?→私がフランス生活で頼っていたもの【フランスは今日も平常運転(2)】

<もしかしてフランスで一番便利?→私がフランス生活で頼っていたもの>フランスは今日も平常運転[#2]

海外生活で気になるのは、住む街の移動手段ではないでしょうか?

私がフランス留学中に最も利用したのは、バスでも地下鉄でもなくレンタル自転車でした。

スポンサーリンク

私が滞在していたフランスの南東部に位置するリヨンは、美食の街としても有名で、世界遺産にも登録されている美しい街で、観光客も多く交通網もしっかりしています。

しかし、交通機関の1回券(約270円)が地味に高く、さらに私はパン職人なので、始業はいつも電車やバスの始発前なんです。

「歩いていくには遠いし、朝とはいえ暗い時間の女一人歩きは危険だし…」と、どうしたものかと思っていた時に友人からすすめられたのがレンタル自転車でした。

リヨンのレンタル自転車は市内の至るところにステーションが設置されていて、24時間いつでも利用できます。

スポンサーリンク

アプリをダウンロードすれば、ステーションの場所や自転車の数、タイムリミットまでリアルタイムでわかる優れもの。

利用者も多く、朝の通勤時間帯は借りられる自転車が1台もないステーションも見かけました。

恐る恐る使ってみた私も、その手軽さに感動し、その日のうちにお得な年間チケットを購入し、滞在中ずっと利用していました。

illustration by バレrina
スポンサーリンク

しかし、ここはフランス。
メンテナンス不足の自転車が紛れているのは日常茶飯事で、私も気が付かずにパンクした自転車を借りてしまった事もありました。

他にもチェーンが外れていたり、ブレーキがよく利かなかったりという事もあるので、利用前に自転車のチェックは必須です!

しかし、どんなに気を付けていても、トラブルに巻き込まれるときは巻き込まれるもの。

ある日、自転車を返却しようとした所、ステーションとの連結部分のフックがゆがんでいたため返却完了の処理が出来ないという事件が発生しました…。

スポンサーリンク

1回の利用は30分と決められており、時間内に返却しないと当然追加料金がかかります。

最悪、ロックされていない自転車を他の人に勝手に利用されてしまうと、追加料金だけでなく自転車の弁償として150ユーロ(2万円以上)を支払わなければならなくなったりする可能性もあるのです…!

追い詰められた私とレンタル自転車との想像の斜め上のバトルは次回へと続きます!

第1話から見たい方はコチラから

今回の記事で気になるレンタル自転車ですが、レンタル自転車に多い【電動自転車は英語で何て言う?】も記事でチェック!

タイトルとURLをコピーしました