【続投】は英語で何て言う?「監督を続投する」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

役職などを続ける【続投】は英語で何て言う?

続ける【続投】は英語で何て言う?
続ける【続投】は英語で何て言う?

「続投」は英語で【stay on】

会社の役員や政治家などが、その役割や役職を継続する事を意味する「続投」は[stay on]などと表現します。

ここで使われている[stay]は「宿泊する・泊まる」という意味で覚えている人も多いかもしれませんが、他にも「とどまる・居残る・~のままでいる」という意味もあるんです。

スポンサーリンク

つまり、英語では「そこに居続ける」というニュアンスで続投を表現する訳ですね。

例文として、「サッカー日本代表の監督を続投することになった。」は英語で[He will stay on as head coach of Japan National Soccer Team.]などと言えばオッケーです。

他にも「続投する・留任する」の英語として、「保持する・維持する」などの意味のある[retain]を使ったり、「仕事を維持する」というニュアンスで[keep job]なんて表現を使っても良いでしょう。

スポンサーリンク

例えば、「プロ野球監督として続投する。」は英語で[He keeps job as a manager of a professional baseball team.]などと表現出来る訳ですね。

また、もう少し以前から継続している事を強調した「続投する」を英語で表現する場合には[continue to stay on]という表現を使ってもいいですよ。

合わせて、監督の続投を断って就任する人もいる【解説者は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました