【人間】イヴ・サン=ローランの英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、ファッションデザイナー、イヴ・サン=ローランの格言をご紹介

イヴ・サン=ローランの「人間」の格言

“Over the years I have learned that what is important in a dress is the woman who is wearing it.” –Yves Saint Laurent

年月を重ねるにつれ、衣服にとって大切なのは、それを着ている女性だということを学んだよ。

イヴ・サン=ローラン(1936-2008)

【本日の格言解説】

20世紀のファッション業界をリードしていたトップデザイナーのイヴ・サン=ローラン。

【イブサンローラン(Yves Saint Lauren)】【国内正規品】ルージュ ヴォリュプテ シャイン(ROUGE VOLUPTÉ SHINE)4.5g (105 ルージュ ルル)
【イブサンローラン(Yves Saint Lauren)】【国内正規品】ルージュ ヴォリュプテ シャイン(ROUGE VOLUPTÉ SHINE)4.5g (105 ルージュ ルル)がビューティーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

1936年8月1日にアルジェリアで生まれたイヴは、子供時代にパリへ引越し、17歳でファッションの学校に入学。

若干21歳にして、クリスチャン・ディオールの主任デザイナーとなり、翌年のコレクションでは斬新なデザインを発表。

「フランスを救った」と、賛辞を得ました。

その2年後に徴兵され、神経衰弱のために入院。完治後は恋人であり、ビジネスパートナーでもあったピエール・ベルジェと共に自身のブランド「イヴ・サン=ローラン(YSL)」を立ち上げます。

そしてご存知の通り、YSLは世界中で大人気に。

しかし、大成功の裏ではアルコールやドラッグ漬けになる日々が続いていました。

元々、鬱の傾向があったようですが、世界的なトップデザイナーとなり、毎年のコレクションでは常に斬新なデザインを期待され、肩にのしかかったプレッシャーが彼を追い詰めていたようです。

彼は、仏ヴォーグ誌の表紙に初めて黒人女性を採用させるようにしたり、ランウェイでも初めて有色人種を起用するなど、ファッション業界に様々な貢献をしてきました。ナオミ・キャンベルは彼のことをこういっています。

「有色人種のために多くの手助けをしてくれた。」

そんな彼は2002年に引退、その6年後にガンのためにこの世を去りました。

彼を惜しむ声はとても多く、世界中でその訃報が報じられました。

今回の名言は、女性のファッションに、そして生き方に多大な影響を与えた彼の信念。
その信念に基づいて、YSLは今でも世界の女性たちから愛されています。

【人生】アンソニー・ロビンズの英語の格言と日本語訳
アンソニー・ロビンズ, 格言, 英語, 訳, Tony Robbins, 作家, 人生
タイトルとURLをコピーしました