【未来】キュリー夫人の英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は日本でも放射線の研究で有名な『キュリー夫人』こと、マリ・キュリーの格言をご紹介。

マリ・キュリーの「未来」の格言
マリ・キュリーの「未来」の格言

“Nothing in life is to be feared. It is only to be understood.” -Marie Curie

人生において恐れるべき事は何もない。あるのは理解すべき事だけだ。

マリ・キュリー(1867-1934)

【本日の格言解説】

ノーベル賞を2度とったことで有名なキュリー夫人ことマリ・キュリー。
彼女の夫であるピエールとともにノーベル物理学賞、後に単独でノーベル化学賞を受賞。

学習まんが 世界の伝記 NEXT マリー・キュリー ノーベル賞を二度受賞した女性科学者 (学習漫画 世界の伝記)
Amazonで横馬場 リョウ, 蛭海 隆志, 吉祥 瑞枝の学習まんが 世界の伝記 NEXT マリー・キュリー ノーベル賞を二度受賞した女性科学者 (学習漫画 世界の伝記)。アマゾンならポイント還元本が多数。横馬場 リョウ, 蛭海 隆志, 吉祥 瑞枝作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また学習まんが 世界の伝記...

そして彼女の娘も、ノーベル化学賞を獲得しています。

ちなみに彼女は放射性物質に関する研究を防護服なしで行っていました。
当時はその危険性が認知されていたかったためです。

がん治療に尽力し、特許をとることで得られる富を捨てて技術を公開したりと、彼女の研究は、人を救うことが目的だったそう。

X線装置を車に搭載し、戦場で銃弾を受けた人々の手当てに文字通り走り回ったキュリー夫人。
彼女は長年の研究で浴び続けた放射能とX線に体を蝕まれ、最期は白血病で命を落とします。

キュリーの死後、ノーベル化学賞を受賞した娘のイレーヌの最期の言葉が、母であるキュリー夫人の教えを如実にあらわしています。

「一生懸命生きたから、死ぬのはこわくないわ」

タイトルとURLをコピーしました