【人生】フランシス・ベーコンの英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、イギリスの哲学者、フランシス・ベーコンの格言をご紹介

フランシス・ベーコンの「人生」の格言

フランシス・ベーコンの「人生」の格言

“The great end of life is not knowledge but action.” -Francis Bacon

人生の偉大な目的とは、知識ではなく行動を起こすことだ。

フランシス・ベーコン(1561-1626)

【本日の格言解説】

「Knowledge is power.(知は力なり)」等の多くの名言で知られる、ルネサンス期のイギリスの哲学者フランシス・ベーコン。

数々の官職を歴任した官僚貴族としての生活のかたわら、幅広い分野の学問探求に明け暮れ「随想集」「新機関」をはじめとする様々な論文を著した、近世ヨーロッパを代表する人文学者。

学問の進歩 (岩波文庫 青 617-1) | ベーコン, 服部 英次郎, 多田 英次 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでベーコン, 服部 英次郎, 多田 英次の学問の進歩 (岩波文庫 青 617-1)。アマゾンならポイント還元本が多数。ベーコン, 服部 英次郎, 多田 英次作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また学問の進歩 (岩波文庫 青 617-1)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

「イドラ」を説いたことでも有名ですね。
とは言え、名前や格言は知っているけれど、「イドラ」って何だ?って人、多いのではないでしょうか?
簡単に言うと、「偏見」「先入観」「思い込み」のことだそうです。
この「イドラ」をなくす事で人は本当の姿になれるのだとか。

ちなみに、彼は好奇心旺盛で、冷凍技術へも興味を示し、ある春の寒い日に外で鶏の腹に雪を詰めて実験していましたが、自身がその寒さの為に風邪をひき肺炎にかかり、そのまま亡くなってしまったという皮肉な最後を遂げたようです。

役職や名言から、厳格なイメージがあるフランシス・ベーコンですが、なかなか破天荒だったようですね。
「行動を起こす」ことが、彼の中でいかに重要だったかがわかります。

色々やりたいことを考えて、頭では理屈が分かっていても、いざ実行に移そうとすると、尻込みしてしまうもの。
そんなときは、この格言を思い出してください。

【人間】ロバート・デ・ニーロの英語の格言と日本語訳
【人間】ロバート・デ・ニーロの英語の格言と日本語訳
タイトルとURLをコピーしました