【十人十色】は英語で何て言う?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

考え方や好みなどが人によって違う事を意味する四字熟語【十人十色】は英語で何て言う?

ことわざ【十人十色】は英語で何て言う?
ことわざ【十人十色】は英語で何て言う?

「十人十色」は英語で【different strokes for different folks】

考え方などが人それぞれである事を日本語では「十人十色」と表現しますが、英語では[different strokes for different folks]などと表現します。

ここで使われている[strokes]は「承認のジェスチャー」を意味しており、[folks]は「人々」を意味します。

スポンサーリンク

つまり、英語では「民族によってOKサインが違う」というニュアンスで「人によってやり方が違う=人それぞれ」という意味を表現するんですね。

例文として、「まぁ、十人十色だよね。」は英語で[Well, I guess different strokes for different folks.]などと言えばオッケーですよ。

十人十色を意味する、似たような英語のことわざとして「beauty is in the eye of the beholder]というフレーズもあります。

スポンサーリンク

これは、直訳すると「美しさは見る人の目の中にある」という意味になり、「美しさは人によって違う=十人十色」といったニュアンスで使う事が出来ますよ。

合わせて、【覆水盆に返らずは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました