【包丁】は英語で何て言う?「切れ味が悪い・鋭い」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

料理に使う【包丁】は英語で何て言う?

調理道具【包丁】は英語で何て言う?
調理道具【包丁】は英語で何て言う?

「包丁」は英語で【kitchen knife】

料理を作る際に、肉や野菜などの食材を切る為の調理道具である「包丁」は英語で[kitchen knife]などと表現します。

ここで使われている[kitchen]は「台所・キッチン」という意味なので、英語では「台所のナイフ」というニュアンスで包丁を表現する訳ですね。

スポンサーリンク

他にも包丁の英語として、単に「ナイフ:knife」と言っても勿論問題ありませんよ。

例文として、「この包丁は切れ味が悪い。」は英語で[This kitchen knife is dull.]などと言えばオッケーです。

この例文のように刃物の「切れ味が悪い・切れない」は英語で[dull]や[blunt]なんて単語で表現する事が出来ます。

スポンサーリンク

逆に包丁などの「切れ味が良い・鋭い・よく切れる」は英語で[sharp]や[razor-sharp]という単語を使って表現しますよ。

例えば「彼女は切れ味抜群の包丁で鮭を切り分けた。」は英語で[She took apart a salmon with a razor-sharp knife.]などと言えるので覚えておきましょう。

合わせて、包丁と一緒に使う【まな板は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました