【ミネラルウォーター】は英語で通じる?通じない?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ペットボトルに入った【ミネラルウォーター】って日本語では普通に使っていますが、そのまま英語で通じる?通じない?

ペットボトルの【ミネラルウォーター】って英語で通じる?
ペットボトルの【ミネラルウォーター】って英語で通じる?

「ミネラルウォーター」は英語で【通じにくい】

ちょっと分かりづらい表現になってしまいましたが、英語で[mineral water]と言われたら「水道水ではないペットボトルで売っている水」という事は通じますが、一般的には[bottled water]と言う方が英語では分かりやすいですね。

また、海外ではレストランなどで炭酸水を頼む人も多い為、普通の(炭酸抜き)ミネラルウォーターと言いたければ[still water]と言うのが英語では一番適切です。

一方で「炭酸水」と英語で言いたい場合は[sparkling water]や[carbonated water]と言うのが良いでしょう。

「sparkling」は「スパークリングワイン」などにも使われているように「泡立つ・発泡性の」という意味で、[carbonated]は「炭酸を加えた(発泡性のある)」という意味の英語です。

海外のレストランで日本の感覚で「お水下さい」と言うと有料のペットボトル入りミネラルウォーターを出される事も多いので、無料のお水が欲しければ「tap water:水道水」と言うと無料のお水を貰えるので覚えておきましょう。

最後に「爪切り」や「眼鏡拭き」などの【英語3択クイズ】に挑戦しよう!

タイトルとURLをコピーしました