【前向き】グレイス・ケリーの英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、元女優でモナコ公国レーニエ大公妃、グレイス・ケリーの格言をご紹介

グレイス・ケリーの「前向き」の格言

“I avoid looking back. I prefer good memories to regrets.” –Grace Kelly

私は過去を振り返りません。後悔よりも、良い思い出の方がいいわ。

グレイス・ケリー(1929-1982)

【本日の格言解説】

故モナコ公国レーニエ大公妃、グレイス・ケリーは、ケリー・バッグの名前の由来であることはご存知の方も多いのではないでしょうか。

hermes.com

元々はハリウッド女優として活躍していたグレイス・ケリー。

マリリン・モンローとは同世代ですが、自由奔放でセクシーアイコンであったモンローとは反対に、気品溢れるクール・ビューティーと称されていました。

泥棒成金 (字幕版)
ケーリー・グラントが演じるジョン・ロビーは、かつては“キャット”と呼ばれた宝石泥棒。今は引退した彼だったが、フランスのリビエラにある高級ホテルで多発する宝石盗難事件の容疑がかかり、真相解明に乗り出す。わがままな令嬢フランシー(グレース・ケリー)に出会った彼は、彼女の母親(ジェシー・ロイス・ランディス)が身につけている豪...

彼女の顔立ちはとても美しく、まるで彫刻のようで、身のこなしや立ち振る舞いからは気品が溢れていて、誰もが憧れる女性でした。

そんな彼女に人生の大きな転機が訪れたのはカンヌ国際映画祭でのこと。

モナコ公国の大公レーニエ3世と知り合い、後に結婚することになります。

こうして彼女は、ハリウッド女優からモナコ公国大公妃へと華麗に転身したのです。

大公妃となったグレース・ケリーを見ることの出来るチャンスは激減しましたが、F1モナコGPの表彰式では王族の一員として参加(彼女自身、モナコGPは大好きだったようです)、その美しい姿を見せたのでした。

残念なことに、1982年9月14日に、フランスからモナコへ戻る途中、自身が運転する車の中で脳梗塞を発症し、急カーブを曲がりきれず崖を転落、病院へ運ばれたものの、帰らぬ人となってしまいましたが、彼女は今も変わらず、憧れのアイコンとして、1人の女性として、人々に愛され続けています。

【夢】フレディ・マーキュリーの英語の格言と日本語訳
【夢】フレディ・マーキュリーの英語の格言と日本語訳
タイトルとURLをコピーしました