【心】デイヴ・グロールの英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、ミュージシャン、デイヴ・グロールの格言をご紹介

デイヴ・グロールの「心」の格言
デイヴ・グロールの「心」の格言

“It’s not about being perfect, it’s not about sounding absolutely correct, it’s not about what goes on in a computer. It’s about what goes on in here (points to heart) and it’s about what goes on in here (points to head)” –Dave Grohl

(今回の受賞は)完全でなくても良い、完全な音を出さなくても良い、コンピューターの中で何が起こるのかということではなく、心の中、頭の中で起こることが大事なんだと示してくれたよ。

デイヴ・グロール(1969-)

【本日の格言解説】

絶大な人気を誇ったバンドロックバンド「NIRVANA」の元ドラマーで、「Foo Fighters」のボーカル兼ギターを務めている、デイヴ・グロール。

2021年2月にはアルバム「メディスン・アット・ミッドナイト」をリリースし、4年ぶりに日本のラジオにも出演したことで話題となりました。

Medicine at Midnight
Medicine at Midnight

彼が率いる「Foo Fighters」は1995年にデビューし、2012年第54回グラミー賞では堂々の5部門を受賞!

圧巻のパフォーマンスも見せ付けてくれました!

2021年には「ロックの殿堂(The Rock & Roll Hall of Fame)」にノミネートされ、ニルヴァーナに続いて2回目の殿堂入りに。

彼らは、近年では当たり前となった、コンピューターで音楽を作るということを嫌い、常に自分たちで演奏し、自宅のガレージにてレコーディングしてきたバンドです。

そんな彼らが「Best Rock Performance」を受賞した時のスピーチを、今回はお届けしました。

音楽を作るということにおいて大切なのは”human element(ヒューマンな才能)”であり、決してコンピューターの力では無い、ということを言っていました。

この時、会場からは大きな歓声と拍手が。この言葉に励まされたバンドやアーティストが沢山いることでしょう。

【前向き】アデルの英語の格言と日本語訳
【前向き】アデルの英語の格言と日本語訳
タイトルとURLをコピーしました