インドの激ヤバおじさん登場→そんな手で触らないで!!【世界を旅する私の話(16)】

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
インドの激ヤバおじさん登場→そんな手で触らないで!!
インドの激ヤバおじさん登場→そんな手で触らないで!!【世界を旅する私の話(16)】

<インドの激ヤバおじさん登場→そんな手で触らないで!!>世界を旅する私の話(16)

前々回前回に続き、今回も世界一周旅行中に訪れたインドでの話です。

インドのジャイプールという街に着き、友人と一緒に観光案内も兼ねてリキシャ&ドライバーさんを1日貸し切って観光していた時のことです。

スポンサーリンク

すごく親切なドライバーさんで、名物のラッシーのお店に連れて行ってくれたり様々な観光地に連れて行ってもらったりと楽しく過ごしていました。

そしてある有名な宮殿に着いた時のことです。

私たちはリキシャを停め、宮殿の入り口まで川沿いの細い道を通って歩いていました。

ドライバーさんと友達は会話をしながら私の少し先を歩いていました。

スポンサーリンク

私は一人で景色を見ながらぼーっと歩いていたのですが、川沿い斜め前に浮浪者っぽいおじさんが立っているのに気づきました。

友人たちは会話していたため気づかず通り過ぎたのですが、私は見てしまったのです。

そのおじさんが下半身に何も身に着けず、ニヤニヤこっちを見つつ自分のモノを触っているのに…。

「ヤバすぎる…!気づかないふりをして通り過ぎよう!」と思いながら下を向いて通り過ぎようとしたその瞬間です。

スポンサーリンク

「(ぎゅっ)」なんとそのおじさんは私の腕を掴んできたのです!!!!

思わず「きゃーーーーーーーーーー!!!!」と叫んだ私に、ドライバーや友達・近くの観光客たちが気付いて「どうした?どうした?と駆け寄ってきてくれました。

illustration by くのこ

「今、変なおじさんに腕を掴まれたー!泣」と訴えたものの、その時すでにそのおじさんはどこかへ消えた後。

スポンサーリンク

幸い人が集まってきたのでそれ以上危ない目にはあいませんでしたが、ドライバーさんは責任を感じたようで、「気づかなくてごめんね。インド人が変なことしてごめんね。インドを嫌いにならないでくれ~」と怒りを露わにしつつ必死に謝ってくれました。

45ヶ国旅した私ですが、インドは1番トラブルに遭遇した、ある意味思い出深い国です。

危険なこともありますが、味のあっておもしろい国、インド。
人生で1度は行ってみるのもいいかもしれません。笑

行く際は細心の注意をはらってくださいね!

スポンサーリンク

次回は、海外で遭遇した爽やかすぎるイケメンの話をご紹介します!

第1話から見たい方はコチラから

 

今回の記事でも気になる観光地ですが、アメリカ・ニューヨークの観光地【自由の女神は英語で何て言う?】も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました