スポンサーリンク
AI英会話スピークエルスピークエルをapp storeでダウンロードスピークエルをgoogle playでダウンロードAI英会話スピークエル

イギリスの家にラッパーが来た!?→メンタル強すぎて仰天する【仰天のイギリス生活(5)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
イギリスの家にラッパーが来た!?→メンタル強すぎて仰天する
イギリスの家にラッパーが来た!?→メンタル強すぎて仰天する【仰天のイギリス生活(5)】

<イギリスの家にラッパーが来た!?→メンタル強すぎて仰天する>仰天のイギリス生活[#5]

イギリスの家には基本的に、インターホンがついていません。
ブザーつきもありますが、結構な割合で壊れているので、結局は金属製取手のようなものを扉に「ガンガン!:と打ちつけることになります。

この「ガンガン!」という音は招かれざる客ほどうるさく、自信タップリなことが多いと最近判断できるようになりました。

スポンサーリンク

ある日もこの“ガンガン”があり、「来たな…」と身構えて扉を開けると、そこには紫のポロシャツを着た、まるでラジカセを担いでラップでもしそうな風貌の男性が。

「ヘイYO!」とは言いませんでしたが、見た目どおりのテンションでインターネット回線の営業を始めました。

「BT(イギリス最大手)はグリーンボックス(通信回線が入った箱)、オレらはパープルボックスで速度はマックス。」

illustration by よねやまゆうこ
スポンサーリンク

「You、乗り換えちゃいなよヘイYO!」とは言っていませんでしたが、有無を言わせぬマシンガントークが、私にとってはもはやラップにしか聞こえません。

断ると、翌日同じ時間帯にやって来たのには驚きました。再営業をかけに来たツワモノは初めてで、内心密かにそのガッツを讃えながらも、引き下がらない猛アタックに辟易する私。

そこで最後の切り札として、「日本のプロバイダー、サービス最高、変える気ナイ」と引導を渡すと、さすがに一瞬たじろぎましたが、彼は即座に回復しました。

「YO〜、日本はテクノロジーがサイコー、オレの彼女も日本人、わかるゼ!」と、突然日本びいきに。更なるラップ攻勢はむしろヒートアップし、危うく丸め込まれるところでした。

スポンサーリンク

結局断りましたが、少しバツが悪く「その彼女とはどうYO」と水を向けると「Oh、あれは元カノ今は恋人募集中ダゼ!」と、急に焦った様子。

本当かどうか知りませんが、哀愁漂う背中を見送ったのでした。

次回は、ちょっとどうかしているイギリス人の自転車の乗り方をご紹介します!

第1話から見たい方はコチラから

今回の記事で気になるインターネットの営業ですが、【光回線は英語で何て言う?】も記事でチェックしよう!