【マンホール】は英語で通じる?通じない?「マンホールの蓋」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

水道管やケーブル管などに作業員が出入りする為に開いた穴【マンホール】は英語で通じる?通じない和製英語?

【マンホール】は英語で通じる?通じない和製英語?
【マンホール】は英語で通じる?通じない和製英語?

「マンホール」は英語で【通じはする】

地面の下にある管などに出入りする為の「マンホール」は英語でも[manhole]で通じはする表現です。

ただし、[man=男性]という言葉が入っているため、「性差別になる」と言う理由から、最近では呼称を見直す動きもあるのだとか。

スポンサーリンク

では、「マン:man」を使わないマンホールは何と言うかというと、[utility hole]や[maintenance hatch]などと表現します。

ここで使われている[utility]は「電気・ガス・水道」や「電気・ガス・水道などの公共施設」という意味で、[maintenance]は「整備・保全」という意味なので、分かりやすいですね。

例文として、「マンホールの蓋の上を走らないで。」は英語で[Do not run on manhole(utility hole) covers.]などと言えばオッケーです。

スポンサーリンク

英語では、このように性別が加わった呼称などについて、以下の表のような言い換えが進んでいるのでぜひ一緒に覚えておきましょう。

日本語昔の英語新しい英語
警察官policemanpolice officer
消防士firemanfire fighter
広報担当spokesmanspokes person
販売員salesmansales person
郵便配達員mailmanmail carrier
客室乗務員stewardessflight attendant
[表]:性差別を無くした英語の職業表現

合わせて、マンホールと同じく道路上にある【横断歩道は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました