英語の間違い探し【ノンカフェインコーヒーを下さい】の英文にあるミスは?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

英語で「ノンカフェインコーヒーを下さい」と言いたい時に[I’ll have a non-caffeine coffee.]では間違え!

英語の間違い探し【ノンカフェインコーヒーを下さい】の英文にあるミスは?
英語の間違い探し【ノンカフェインコーヒーを下さい】の英文にあるミスは?

間違っているのは【non-caffeine】

「ノンカフェイン」は英語で[decaf]。

つまり「ノンカフェインコーヒーを下さい」と英語で言いたい場合は[I’ll have a decaf coffee.]が正解です。

カフェインの省略形[caf]に接頭辞[de]がついて、カフェインがないことを表し、スターバックスなどの大手コーヒーチェーンなどでも「デカフェ」なんて注文の際に使われていますが、英語の発音は「ディーキャフ」という感じになるのを覚えておきましょう。

どうしても[non-]という表現にしたければ[non caffeinated]とするのが適切ですが、スペルも長い事もあり、あまり使われていない印象があります。

他にも[caffeine free]という表現もありますが、この「〇〇フリー」という表現は意味を勘違いしやすいので日本人にとっては要注意な表現。

「〇〇が無い」という意味で使われますが、例えば[smoke free]はタバコが自由に吸える訳ではなく「禁煙(煙が無い)」、[sugar free]は砂糖が自由なのではなく「砂糖不使用(砂糖が無い)」という意味になりますよ。

合わせて【缶コーヒーは英語で何?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました