毎年被害が増えている【豪雨】は英語で?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大雨の影響で九州地方が大きな被害を受けている事が連日ニュースになっていますが、激しい大量の雨を意味する【豪雨】は英語で何て言う?

毎年被害が増えている【豪雨】は英語で?
毎年被害が増えている【豪雨】は英語で?

「豪雨」は英語で【downpour】

[downpour]は、「下へ・地面に」という意味のある[down]と、「注ぐ・強く降る」という意味の[pour]がくっついて出来た単語で、「豪雨・土砂降り」という意味があります。

今回のように「記録的な豪雨」と英語で言いたい場合は「先例のない・前代未聞の」という意味の[unprecedented]を使って[unprecedented downpour]なんて表現すると良いですね。

他にも豪雨を英語で表現する[torrential rain]など、雨の強さの違いによる英語表現は以下の表をご確認下さい。

日本語英語意味
小雨light rainしとしと降る弱い雨
rain普通の雨
大雨heavy rain土砂降りのような雨
豪雨downpour / torrential rainバケツをひっくり返したような豪雨
[表]:雨の強さの違いによる英語表現の一覧

豪雨の時は絶対に川などに近づかないようにしましょう。

合わせて【「雷が鳴っている」の英文に隠された間違い】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました