【ビジネス】ウィンストン・チャーチルの英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、イギリスの元首相、ウィンストン・チャーチルの格言をご紹介!

ウィンストン・チャーチルの「ビジネス」の格言
ウィンストン・チャーチルの「ビジネス」の格言

“Success is the ability to go from one failure to another with no loss of enthusiasm.” -Winston Churchill

成功とは、熱意を失わず、失敗を繰り返す才能のことだ。

ウィンストン・チャーチル(1874-1965)

【本日の格言解説】

ウィットに富んだ会話に、ジョークの名手。
ウィンストン・チャーチルは元英首相であり、今もなお偉大な政治家として語り継がれています。

そこまで功績を残し、人々に愛された彼ですが、実は士官学校受験に2度も落ち、さらに入学後の成績もぱっとせず、将来を実の父親に嘆かれていたほどだったそう。

しかし先見の明があった彼は英国の行く末を早くに予見していました。

「英国を救う」夢への過程で、失敗が多々あったことも知られていますが、彼が熱意を失わずにその夢を叶えたのも、誰の目にも明らかなのではないでしょうか。

また、ウィンストン・チャーチルといえば、2017年に公開された映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』を記憶されている方も多いのでは?

Amazon.co.jp: ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 (字幕版)を観る | Prime Video
1940年、第二次世界大戦初期。ナチス・ドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、イギリスにも侵略の脅威が迫っていた。連合軍がダンケルクの海岸で窮地に追い込まれるなか、ヨーロッパの運命は、新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に委ねられた。度重なる失策から“政界一の嫌われ者”であったチャーチルは、政...

辻一弘さんが、日本人初のアカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞に輝いたことでも話題になりましたね。

そんな辻さんも、授賞後のインタビューで「自分を信じ、やりたいことを見極め、それをまずは10年続けること。」と語っていました。

長く続けていれば、当然失敗もつきもの。

そんな中でも自分を信じて成功へとたどり着いていく、チャーチルと通じるところがあるかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました