【暴露本】は英語で何て言う?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アメリカ大統領からイギリス王室と王子の話まで、海外ではよく話題になって販売部数も多い事で知られる【暴露本】って英語で何て言うか知っていますか?

有名人や政治家の秘密を暴く【暴露本】は英語で何て言う?
有名人や政治家の秘密を暴く【暴露本】は英語で何て言う?

「暴露本」は英語で【tell-all book】

[tell-all]は「言い尽くす」「全てを話す」という意味なので、つまり「全てを話す本=tell-all book=暴露本」ということですね。

他にも[exposé](アクセント記号を付けて表記されます)という単語も「暴露本」というような意味として英語で使われており、[tell-all]と[exposé]の2単語を抑えておけば暴露本関係のニュースや話題に英語で付いていく事が出来るかも。

スポンサーリンク

暴露本として有名な、トランプ元大統領の側近であったボルトン氏の本のタイトルは英語では[The Room Where It Happened: A White House Memoir]ですが、日本語では「ジョン・ボルトン回顧録」と訳されていますね。

英語版もAmazonのKindleで購入することができます。(リンクはamazonのKindleページ)

ジョン・ボルトン回顧録 トランプ大統領との453日
ジョン・ボルトン回顧録 トランプ大統領との453日

試し読みもあるので、英語の勉強と合わせて確認してみるのもいいですね。

合わせて、最近話題になる事が多い【マイナンバーは英語じゃない?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました