【ビジネス】マルコムXの英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、黒人解放指導者、マルコムXの格言をご紹介

マルコムXの「ビジネス」の格言
マルコムXの「ビジネス」の格言

“Wrong is wrong, no matter who does it or says it.” -Malcolm X

間違いは間違いだ。誰によるものであろうと。

マルコムX(1925-1965)

【本日の格言解説】

(直訳)誤りは誤りだ。誰がそれをしようと、誰がそれを言おうと。

同じく人種差別に反対していたキング牧師とは対照的に、非常に攻撃的に黒人の人権のために活動したことで知られる、マルコムX。

Amazon | マルコムX [DVD] | 映画
デンゼル・ワシントン, アンジェラ・バセット, スパイク・リー, デンゼル・ワシントン 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。

幼いころ白人至上主義団体の標的にされたり、白人ばかりの高校で「弁護士になりたい」と言ったところ「黒人だから無理だ」と教師に言われたことなどが影響し、彼は黒人の人権がほぼないに等しかった白人社会、そしてそれを構成する白人たちに憤りを覚え、悪事に手を染め始めます。

すぐに刑務所送りとなった彼は、そこで寝る間も惜しんで読書にいそしみました。

元々聡明であった彼は膨大な知識とカリスマ性を得、出所したころにはすでに、有名な指導者となっていました。

彼が講演中に暗殺されるわずか9ヶ月前には「白人も人間だ。色で差別することはない」と公言するなど、白人に対する憎しみは薄れていたと言われています。

彼の暗殺には複数の人物が関わっており、国家的陰謀であると未だ疑っている人もいるそうです。

講演場には、マルコムXが久しぶりの再会にと、呼びよせた彼の家族もいました。

怒りと激情をエネルギーにしてきた彼が最期に見たものが、銃を手にした暗殺者たちではなく、彼と愛を分かち合った、彼の家族だったことを願うばかりです。

ちなみに前回の格言、モハメド・アリはマルコムXに感銘を受け、己を貫いたという逸話もありますよ。

タイトルとURLをコピーしました