【お酒に弱い】は英語で何て言う?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

飲み会や外食をした時などにお酒を飲むと、あっという間に顔が赤くなったり、すぐに酔っぱらってしまう事を言う【お酒に弱い】を英語で何て言う?

すぐお酒に酔ってしまう【お酒に弱い】は英語で何て言う?
すぐお酒に酔ってしまう【お酒に弱い】は英語で何て言う?

「お酒に弱い」は英語で【get drunk easily】

日本語ではお酒をたくさん飲める事を「強い」、飲めない事を「弱い」と、強弱で表現しますが、英語では単純に「酔う:get drunk」と「簡単に:easily」を組み合わせて「酔いいやすい」と表現するんですね。

英語でも、飲み物のアルコールの度数が低い事を「弱い:weak」を使って表現する事もありますが、体のアルコールへの耐性について[weak]は基本的には使われません。

「~に弱い」は英語で[weak at]と表現できるので、[I’m weak at alcohol.]と言えばお酒をたくさん飲めないというニュアンスは感じ取ってもらえると思いますが、基本的にネイティブは使わない表現なんですね。

他にも「お酒に弱いんです。」と伝えたい場合、[I’m a lightweight.]という面白い表現もあります。

[lightweight]は本来、ボクシングなどの格闘技の「ライト級の・軽量の」という意味ですが、お酒に関しての話になると「下戸(酒に弱い)」というようなニュアンスで使われます。

「体が小さい人[lightweight]は酔いが回りやすい」なんてイメージで覚えると、覚えやすいですが、お酒に強い人の事を[heabyweight]とは言わないので気を付けましょう。

また、お酒に弱い事を伝える場合、もっとシンプルに[I can’t drink much.:たくさん飲めないの。]などと英語で伝えるのもいいかもしれませんね。

合わせて、お酒の英語【発泡酒は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました