【発泡酒】は英語で何て言う?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎日の晩酌には安いビールは庶民の味方ですが、最近では増税や減税の対象となり、困惑する人も多い【発泡酒】は英語で何て言う?

庶民の晩酌の味方【発泡酒】は英語で何て言う?
庶民の晩酌の味方【発泡酒】は英語で何て言う?

「発泡酒」は英語で【law malt beer】

日本ではビールの種類として、「ビール・発泡酒・新ジャンル(第三のビール)」なんて分け方をされていますが、これはあくまでも日本独自の酒税による分け方で、英語では存在しない区別の為、発泡酒の決まった英語はありません。

ですが、発泡酒とは何か?という事を考えると、基本的には(※)ビールより麦芽比率の低い商品をさす事が多いので「麦芽の少ないビール:law malt beer」という言い方をすればいいんですね。(※厳密には特定副原料の量や、特定の副原料以外を使用する事も発泡酒の定義)

ややこしい事に、2020年10月からは、そのジャンル分けと麦芽比率次第で酒税が変わる事になり、値上げされるもの、値下げされるもの、何も変わらない物まであるという状態になります…。

焦って買うと損をする場合もあるので、下記のビール系飲料の酒税の一覧表を参考にして、9月中に購入しておいた方が良いものと、そうでないものをしっかり見極めましょう。

酒類麦芽比率酒税(~2020年9月)酒税(2020年10月~)
ビール50%以上77円70円
発泡酒50%以上77円70円
発泡酒25~50%62円58円
発泡酒25%未満47円47円
新ジャンル28円38円
[表]:ビール系飲料のジャンル別酒税とその増税減税一覧まとめ(350mlあたり)

合わせて、注ぎ方で違いが出る【ビールの泡は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました