【地学】は英語で何て言う?「玄武岩・花崗岩・地学の授業」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

学校の科目【地学】は英語で何て言う?

地球について学ぶ【地学】は英語で何て言う?
地球について学ぶ【地学】は英語で何て言う?

「地学」は英語で【earth science】

高校などで習う授業科目で、岩石や地質、大気や宇宙などの地球に関する事を学ぶ「地学」は英語で[earth science]などと表現します。

ここで使われている[earth]と言えば「地球」の事なので、英語では「地球の科学」というニュアンスで地学を表現する訳ですね。

スポンサーリンク

他にも、地学の英語として「地球・土地」などを意味する単語を作る[geo-]を使った[geoscience]という単語でも表現する事が出来ますよ。

例文として、「今日は地学の授業があります。」は英語で[I have a earth science class today.]などと言えばオッケーです。

また、「地学の試験」は英語で[earth science exam]などと言えば良いので「地学の試験で赤点を取った。:I failed the earth science exam.」なんて言える訳ですね。

スポンサーリンク

ちなみに、岩の種類である「玄武岩」は英語で[basalt]、「安山岩」は英語で[andesite]、「花崗岩」は英語で[granite]、「流紋岩」は英語で[rhyolite]、「閃緑岩」は英語で[diorite]、「斑れい岩」は英語で[gabbro]などと言えばオッケーです。

合わせて、地学でも学ぶ機会のある【洞窟は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました