スマニューアワード2020に『英語の達人WORLD』を推薦する

【ペーパーカンパニー】は英語で通じる?通じない?

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

登記上は存在しますが、実際の事業活動などの実態が無い会社で、脱税などの違法行為に使われる事も多い幽霊会社【ペーパーカンパニー】は英語で通じる?通じない和製英語?

【ペーパーカンパニー】は英語で通じる?通じない和製英語?
【ペーパーカンパニー】は英語で通じる?通じない和製英語?

「ペーパーカンパニー」は英語で【通じない】

事業実態がない書類上の会社なので「ペーパーカンパニー:paper company」で英語でも通じそうですが、残念ながらペーパーカンパニーは和声英語。

ペーパーカンパニーの事を英語では[shell company]や[dummy company]と言います。

[dummy company]は「ダミー会社」なので、日本語の感覚としても理解できますが、[shell company]は直訳すると「貝会社」となりますが一体どうしてでしょう?

実は[shell]は中身の入っていない「貝殻」を意味し、「中身のない貝殻のような会社」と考えると納得のネーミングですね。

貝は貝でも、中身の入っている貝は[shellfish]と言うので間違えないようにしましょう。

ちなみに、英語で[paper company]と言うと、紙を作る製紙会社をイメージされてしまうのでご注意を。

合わせて、会社の【買収は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました