スマニューアワード2020に『英語の達人WORLD』を推薦する

【人生】スティーブ・ジョブズの英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、実業家、スティーブ・ジョブズの格言をご紹介

スティーブ・ジョブズの「人生」の格言
スティーブ・ジョブズの「人生」の格言

“Stay Hungry. Stay Foolish.” -Steve Jobs

貪欲であれ、そしてバカであれ。

スティーブ・ジョブズ(1943-2011)

【本日の格言解説】

アップル社創設者の一人で、数々の新しい製品を世に出したスティーブ・ジョブズ。
MacBookにiMac、iPhoneやiPadなど、お世話になっている人も多いのではないでしょうか?

スティーブ・ジョブズ(字幕版)
スティーブ・ジョブズ(字幕版)

この言葉は、彼が2005年、米国カリフォルニア州にある超名門大学、スタンフォード大学の卒業式に招かれて行った演説の中の、卒業生に向けた締めくくりの言葉です。

本人も演説中で「How can you get fired from a company you started?(自分で始めた会社でクビになるなんてあり得ないよね?)」と語っているように、アップル社の設立者でありながら一度は解任され、その後、新たに設立した会社がアップル社に買収されたことで再びアップル社に復帰したという前代未聞のキャリアを持つジョブズ氏。

この名言は、まさに彼の座右の銘?

卒業式の演説(commencement address)での卒業生への祝福の言葉にも関わらず「振り返ってみると、大学を中退(drop out)したことが人生最良の決断の一つだった」とユーモアを込めて語り笑いを誘う場面も。

「振り返ってみると、過去は必ず未来に繋がっている」などの名言が散りばめられた演説を聞いてみたい!という方は、YouTubeの「Steve Jobs’ 2005 Stanford Commencement Address」をぜひチェックしてみてくださいね。

Steve Jobs' 2005 Stanford Commencement Address (with intro by President John Hennessy)
[YouTube]:スティーブ・ジョブズの演説動画

タイトルとURLをコピーしました