【ビジネス】トーマス・エジソンの英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、発明家、トーマス・エジソンの格言をご紹介

トーマス・エジソンの「ビジネス」の格言
トーマス・エジソンの「ビジネス」の格言

“Our greatest weakness lies in giving up. The most certain way to succeed is always to try just one more time.” -Thomas Edison

私たちの最大の弱点は諦めることにある。成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ。

トーマス・エジソン(1847-1931)

【本日の格言解説】

傑出した発明家としてその名を知られるエジソンは、生涯になんと、およそ1,300もの発明を行いました。

角川まんが学習シリーズ まんが人物伝 エジソン いたずら大好き発明王
新たな伝記まんが『まんが人物伝』誕生! 発明家エジソンの人生を描く! 「なんで? なんでなの?」―― 聞きたがりで有名な少年・エジソンは、 落ちこぼれといわれながらも、好奇心いっぱいの少年科学者として 新しい発想や想像力で道を切り開く。 やがて、発明やものづくりの面白さに目覚め、 努力を重ねて、誰もが驚く発明王となった...

彼は確かに、大成した人物として有名ですが、それ以上の数の失敗・敗北を経験したことでもよく知られています。

たとえば、飛行機を作ることを考えながらも安全面の問題から断念せざるを得ず、ライト兄弟に先を越されたという話や、自分が設立した会社の社長の座を奪われ、社名から自分の名前も消されるという屈辱を味わったことも。

また、幼いころに耳の聴力をほとんど失っていたことや、正規の教育を受けられず、図書館で独学に励んでいたことも有名です。

今回の言葉は、エジソンが電球を発明し、失敗について新聞記者に聞かれたときに答えた言葉だそうです。
電球発明までの数えきれぬ挑戦と挫折の繰り返しも、エジソン本人にとっては、それは失敗ではなく、手に入れたい結果にたどり着くための通過点でしかなかったのです。

Panasonic(旧松下電器)を創業した松下幸之助も、「失敗したところでやめてしまうから失敗になる。成功するところまで続ければ、それは成功になる。」と同じような格言を残しています。

肝心なのは至ってシンプルで、成功するまでやり通す、ということなのでしょう。

【夢】ミック・ジャガーの英語の格言と日本語訳
【夢】ミック・ジャガーの英語の格言と日本語訳
タイトルとURLをコピーしました