【コロッセオ】は英語で通じる?通じない?発音や「コロッセオに行くべき」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ローマの観光名所【コロッセオ】は英語で通じる?通じない和製英語?

【コロッセオ】は英語で通じる?通じない和製英語?
【コロッセオ】は英語で通じる?通じない和製英語?

「コロッセオ」は英語で【やや通じにくい】

ローマ帝国時代に建設された円形の闘技場で、イタリアのローマの観光名所にもなっている「コロッセオ」は英語では通じにくい表現です。

そもそも、この「コロッセオ」という表現は現地のイタリア語[Colosseo]に準拠した表現なんですね。

スポンサーリンク

そんな、ローマの観光地である世界遺産「コロッセオ」は英語で[The Colosseum]と表現します。

ここで使われている[colosseum]は「競技場・演戯場・コロシアム」などを意味する英単語で、元々の語源はこの「コロッセオ」が由来となった単語なんです。

勿論世界には競技場やコロシアムは何個もある訳ですが、[The]が付く事で「あの有名なコロシアム=コロッセオ」となる訳ですね。

スポンサーリンク

例文として、「ローマに行くならコロッセオに行くべきです!」は英語で[If you go to Rome, you should go see the Colosseum!]などと言えばオッケーです。

ちなみに、英語の[colosseum]の発音としては、カタカナで表現するなら「カラスィアム」という感じの読み方になるので覚えておきましょう。

合わせて、コロッセオ(競技場)の試合結果などが【番狂わせは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました