【人間】ジョージ・バーナード・ショーの英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、劇作家、ジョージ・バーナード・ショーの格言をご紹介

ジョージ・バーナード・ショーの「人間」の格言
ジョージ・バーナード・ショーの「人間」の格言

“The liar’s punishment is not in the least that he is not believed, but that he cannot believe anyone else.” –George Bernard Shaw

嘘つきの受ける罰は少なくとも、人が信じてくれないということではなく、むしろ他の誰をも信じられなくなる、ということである。

ジョージ・バーナード・ショー(1856-1950)

【本日の格言解説】

punishment: 罰
in the least:「少しも~でない」という意味のイディオム(ここでは、that以下にかかっています)

ジョージ・バーナード・ショーの名前を聞いたことはあるでしょうか?

彼はアイルランド出身ですが、イギリスの劇作家として有名で、シェイクスピアに次いで多く上演される劇作家と言われています。

オードリー・ヘップバーン主演の映画「マイ・フェア・レディ」の原作である『ピグマリオン』を書いたのが彼です。

ピグマリオン (光文社古典新訳文庫)
強烈なロンドン訛りを持つ花売り娘イライザに、たった6ヵ月で上流階級のお嬢様の...
マイ・フェア・レディ (字幕版)
作品賞を含むアカデミー賞8部門にノミネートされた、珠玉の名作ミュージカル映画。 オードリー・ヘプバーンがロンドンで行商人をする労働者階級の活発な女性イライザ・ドゥーリトルを、レックス・ハリソンがエリート主義のヒギンズ教授を演じる。

彼の書く劇は、特にその台詞が素晴らしいと言われているようです。
皮肉屋で辛口と言われていた彼の性格によるものなのかもしれないですね。

そんな彼による今回の名言にドキっとした方はいませんか?

普段、人に嘘をついていると、もちろん他人からは信用されなくなりますが、それ以上に「自分はいつも嘘をついている。ならば同じように相手も嘘をついているのでは?」と思い始め、人を信じることができなくなる、なんてことになってしまうかもしれません。

信じられる人がいなくて、常に人を疑うのはとても疲れますよね。

なので、嘘をつくのは程ほどに!

タイトルとURLをコピーしました