【ノー残業デー】は英語で何て言う?

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

勤務時間を超えて働く事を残業と言いますが、そんな残業が禁止されている日である【ノー残業デー】は英語で何て言う?

残業が禁止されている【ノー残業デー】は英語で何て言う?
残業が禁止されている【ノー残業デー】は英語で何て言う?

「ノー残業デー」は英語で【no-overtime day】

日本では当たり前(?)になってしまっているのが、既定の勤務時間を超えた「残業」ですよね。

そのような「残業」は英語では[overtime]と表現するんです。

スポンサーリンク

その残業が無い日という事なので、「ノー」は英語でも[no]、「デー(日)」もそのまま[day]を使ってしまえば良い訳ですね。

例文として「今日はノー残業デーだ!」は[It’s a no-overtime day today!]などと表現する事が出来ますよ。

他にも、「ノー残業デー」の表現の仕方として、「残業が許可されてない」という表現方法を使い、「水曜日は残業が許可されていません。:No overtime allowed on Wednesday.」などと言う事も出来ますよ。

スポンサーリンク

海外では残業が法的に禁止されたり、文化的にしない国もあり、残業する事が前提となってしまっている「ノー残業デー」を理解するのが難しい人も多いかもしれませんね。

合わせて、勤務形態の種類【派遣社員は英語で何て言う?】をチェック!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語クイズ
英語の達人をフォローする
関連記事
英語の達人WORLD
タイトルとURLをコピーしました