【人生】ナタリー・ポートマンの英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、ハリウッド女優、ナタリー・ポートマンの格言をご紹介

ナタリー・ポートマンの「人生」の格言
ナタリー・ポートマンの「人生」の格言

“I am not someone who sacrifice all for the cinema, my life will be always more important.” –Natalie Portman

私は映画のために全てを犠牲にするような人間じゃないわ。私の人生はいつだってもっと大切なものだから。

ナタリー・ポートマン(1981-)

【本日の格言解説】

イスラエル出身のハリウッド女優、ナタリー・ポートマン。

クラスでは「オタク」と呼ばれるほど学問にのめりこんでいた彼女は、大人びた雰囲気と発言で知られています。

また女優としては映画『レオン』の子役でブレイク以降、監督の中にも熱狂的なファンがいるほどの実力を持っています。

レオン完全版(吹替版)
無口で孤独な殺し屋・レオンの元に、家族を惨殺された少女マチルダが助けを求めてやってくる。奇妙な共同生活の中で、二人は徐々に心を通わせていくが…(C)1994 GAUMONT/LES FILMS DU DAUPHIN

スター・ウォーズのアミダラ姫や、レオンでのマチルダで有名な彼女は、出演作品は30本を越え、ゴールデングローブ賞でも受賞、アカデミー賞でも主演女優賞を受賞、と女優として絶好調。

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(吹替版)
遠い昔、はるかかなたの銀河系で繰り広げられる壮大な物語<サーガ>の第1章「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」デジタルで登場。ジェダイ・マスターのクワイ=ガン・ジンとその弟子オビ=ワン・ケノービの二人は、平和な惑星ナブーの危機から女王パドメ・アミダラを救出する。その後惑星タトゥイーンへ立ち寄った二人は、...

が、その反面、アミダラ姫を演じたスター・ウォーズのワールド・プレミアを、高校の最終試験の為に欠席したり、ハーバード大学とイェール大学というアメリカ屈指の名門校を合格するなど、自分の人生への妥協のなさが伺えますね。

かといって女優業を疎かにするようなことはなく、2010年公開の『ブラックスワン』では、役作りに向けての減量とバレエレッスン、ヒロインの複雑でどこか狂気な感情を見事演じ、アカデミー主演女優賞を獲得しました。

ブラック・スワン (字幕版)
美と狂気がせめぎあう衝撃的サスペンス

私生活と仕事の両立と聞くと難しい気もしますが、彼女にとって両立というのは、一つ一つを確実にこなしていき、自分自身をしっかりと持って行動した、単なる結果なのかもしれませんね。

【前向き】ロバート・キヨサキの英語の格言と日本語訳
【前向き】ロバート・キヨサキの英語の格言と日本語訳

タイトルとURLをコピーしました