【夢】ジョン・ガリアーノの英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、ファッションデザイナー、ジョン・ガリアーノの格言をご紹介

ジョン・ガリアーノの「夢」の格言
ジョン・ガリアーノの「夢」の格言

“In all my work my inspiration has been to unite people of every race, creed, religion and sexuality by celebrating their cultural and ethnic diversity through fashion. That remains my guiding light.” –John Galliano

私は、ファッションを通じて文化や民族の多様性を祝福し、あらゆる人種、宗教、信仰、セクシュアリティの人々を一つにしようとしてきた。それは依然として私が進む道だ。

ジョン・ガリアーノ(1960-)

【本日の格言解説】

diversity:多様性
guiding light: (人を)導く光、手本

クリスチャン・ディオールの元デザイナー、ジョン・ガリアーノ。

John Galliano for Dior
Amazon配送商品ならJohn Galliano for Diorが通常配送無料。更にAmazonならポイント還元本が多数。Bowles, Hamish, Talley, André Leon, Shaw, Ivan, Cullen, Oriole, Fairer, Robert作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届け...

彼はジブラルタルで生まれ、6歳の時にロンドンに移り住みます。
そしてアートデザイン学校に入り、主席で卒業。

1991年にはパリ・コレクションの正式メンバーに加入し、95年からはジバンシィのデザイナーとして抜擢されます。

そして1996年、ディオールのデザイナーに就任します。

彼の手掛ける衣装は、中世ヨーロッパ風をベースに、伝統を大切にしつつも現代の流行を取り入れたスタイルでモード界の魔術師と呼ばれ、他ブランドのデザイナーやモデルから圧倒的支持を受けています。

こうして、ファッション界には欠かせない人物となったガリアーノは2001年、イギリスから大英帝国勲章を、2009年にはフランスで最高の勲章と呼ばれるレジオン・ドヌール勲章を受勲。ファッション界での確固たる地位を築いていきます。

さて、15年に渡ってディオールでチーフデザイナーを務めた彼が解雇になったのは、ユダヤ人やアジア人に対する差別的言動の為で、当時は相当酔っ払っていた彼は、その発言自体覚えていないとか。

そんな彼は謝罪を表明し、自分の失態は認めるが、反ユダヤ主義ではないということ、失った信用を取り戻す為に一生懸命働いていくことを述べています。

彼自身も、以前は偏見や差別と戦ってきたこともあり、それらを受けることの辛さは分かっているはず。

今回の名言は、その謝罪文の一部です。

【人生】ナタリー・ポートマンの英語の格言と日本語訳
【人生】ナタリー・ポートマンの英語の格言と日本語訳
タイトルとURLをコピーしました