【人生】オリバー・クロムウェルの英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、イングランド共和国初代護国卿、オリバー・クロムウェルの格言をご紹介

オリバー・クロムウェルの「人間」の格言
オリバー・クロムウェルの「人間」の格言

“He who stops being better stops being good.” –Oliver Cromwell

より良くなることをやめた者は、良い状態をも保てなくなる。

オリバー・クロムウェル(1599-1658)

【本日の格言解説】

現在の英国では、王室を中心とした立憲君主制ですが、昔、ある一時期に共和制になったことがあります。
オリバー・クロムウェル主導の元に行われた清教徒(ピューリタン)革命によるものでした。

王冠のないイギリス王オリバー・クロムウェル―ピューリタン革命史 | 清水 雅夫 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで清水 雅夫の王冠のないイギリス王オリバー・クロムウェル―ピューリタン革命史。アマゾンならポイント還元本が多数。清水 雅夫作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また王冠のないイギリス王オリバー・クロムウェル―ピューリタン革命史もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

彼は、当時国王であったチャールズ1世を処刑し、護国卿として政権の座につきます。

しかし、反対勢力も力をつけ始め、議会を解散することになったクロムウェルはマラリアにかかり、59歳でこの世を去りました。

彼の死後、チャールズ2世によって王政復古がなされ、父親のチャールズ1世を殺された恨みで、クロムウェルの死体は棺より掘り出され、その死体は斬首され、25年もの間市中でその首をさらされたと言います。

そんな彼の名言は、向上しようとしない者は、今のレベルすら保てずに堕落していく、常により良くなる努力をせよ、というモチベーションをあげてくれる言葉ですね。

現状維持ができるのはとても良いことですが、周りの時間はどんどん進んで変化していきます。
10年後、20年後を想像したとき、周りは?自分はどうなっていたいですか?

良い未来を想像すれば、今どうすればいいのかが、なんとなく分かってくるモノです。

今は行動を起こすのが難しくても、定期的に未来を想像してみてください。

より良くなりたい、という気持ちは、エネルギーになりますよ。

【人間】オッペンハイマーの英語の格言と日本語訳
【人間】オッペンハイマーの英語の格言と日本語訳
タイトルとURLをコピーしました