【ビジネス】ナイチンゲールの英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、戦場の天使、ナイチンゲールの格言をご紹介

ナイチンゲールの「ビジネス」の格言
ナイチンゲールの「ビジネス」の格言

“I attribute my success to this – I never gave or took any excuse.” –Nightingale

私の成功のもとはこれ。決して弁解したり、弁解を受け入れたりしなかったこと。

ナイチンゲール(1820-1910)

【本日の格言解説】

フローレンス・ナイチンゲールは、1820年の5月12日に生まれ、1854年のクリミア戦争の際に戦地へと赴き、負傷兵への献身的な看護をしたことで「クリミアの天使」と呼ばれるようになりました。

ナイチンゲール (新装版) (講談社 火の鳥伝記文庫) | 村岡花子, 丹地陽子 | 歴史・地理 | Kindleストア | Amazon
Amazonで村岡花子, 丹地陽子のナイチンゲール (新装版) (講談社 火の鳥伝記文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

彼女にちなんで、5月12日は世界的に”国際看護師の日(ナイチンゲールの日)”と制定されています。

彼女が負傷兵達を相手に奉仕したのは、2年だけでしたが、ここまで有名になったのは、クリミア戦争での奉仕だけでなく、その後の医療衛生革命や、看護の基礎を記した数々の著書の執筆、イギリスの統計学の発展などに貢献したからです。

90年もの長い人生を送った彼女ですが、何人かの男性に求婚されても生涯で1度も結婚しませんでした。

彼女は、女性でも何か出来るはず、女性も自立しなければ、という思いを持ち、天使というよりは戦士として、バリバリと働いていたのです。

そのストイックな生き方や格言の通り、実際のナイチンゲールもかなりストイックで、本人も協力者も、激務からの過労で倒れたりしていたそうです。(中にはそのまま帰らぬ人になった者も…)

弁解はしない、他者の弁解も受け入れない、プロとしての彼女の仕事ぶりが、この名言からも感じられますよね。

【人生】オリバー・クロムウェルの英語の格言と日本語訳
【人生】オリバー・クロムウェルの英語の格言と日本語訳
タイトルとURLをコピーしました