【タートルネック】は英語で通じる?通じない?発祥や由来「タートルネックのワンピース」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

首が長い服【タートルネック】は英語で通じる?通じない和製英語?

【タートルネック】は英語で通じる?通じない和製英語?
【タートルネック】は英語で通じる?通じない和製英語?

「タートルネック」は英語で【通じる】

洋服の首周りの襟部分が、首全体を覆うように高く作られた「タートルネック」は英語でもそのまま[turtleneck]で通じる表現です。

ただし、この[turtleneck]という表現は主にアメリカ英語(アメリカ・カナダ)で使われる表現で、イギリスや他の地域では違う名前で呼ばれる事もあるんです。

スポンサーリンク

「タートルネック」はイギリス英語で[polo neck]や[roll-neck]などと呼ばれる事も多いので、覚えておくと良いでしょう。

また、日本語でも似たような感覚がありますが、英語で[turtleneck]と言えば、基本的には「タートルネックのセーター」をイメージされるので、「タートルネックのワンピース」などと英語で言いたければ[tutle neck dress]など、服の種類を追加すると良いでしょう。

例文として、「今日は寒いので、タートルネックを着た方がいい。」は英語で[It’s cold today, you should wear a turtleneck.]などと言えばオッケーです。

スポンサーリンク

想像しやすいですが、この「タートルネック:turtkeneck」という名前は、その名の通りカメの首が甲羅から出入りする状態に似ている事に由来したネーミングです。

ちなみに、元々タートルネックはファッション目的でなく、鎖帷子(くさりかたびら)を付けた騎士の首を保護する為の衣服が原型だと考えられているそうですよ。

合わせて、タートルネックなど日常的に着る服【普段着は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました