【人間】ホラティウスの英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、詩人、ホラティウスの格言をご紹介

ホラティウスの「人間」な格言
ホラティウスの「人間」な格言

“Anger is a brief, or a momentary, madness.” –Horatius

怒りは突然の、あるいは、一時的な狂気である。

ホラティウス(BC65-BC8)

【本日の格言解説】

今回は、「怒り」に関する格言をご紹介。

この格言は、古代ローマ時代の南イタリアの詩人、クィントゥス・ホラティウス・フラックスによるもの。
一般的には、ホラティウスと呼ばれています。

書簡詩 (講談社学術文庫)
ラテン文学黄金期を支えた詩人クイントゥス・ホラーティウス・フラックス(前65-前8年)の代表作、文庫では初となる全訳決定版が完成。後世に連なる伝統を創始した「韻文による書簡」という形式を確立するとともに、『詩論(アルス・ポエティカ)』の名で独立した著作としても読み継がれてきた部分を含む不朽の名著が、名手による清新な日本...

ホラティウスは、ローマ帝国の初代皇帝・アウグストゥスと同時代に生きたラテン文学黄金期の詩人で、ヨーロッパ文学史上、ラテン文学で最も重視される詩人・ウェルギリウスと並んで評価されている人物です。

ラテン文学が黄金期を迎えていた時に活躍した彼は、アリストテレスの「詩学」と共に、西欧文学に多大な影響をおよぼしています。

解放奴隷の子供として生まれた彼は、貿易の盛んな地域で育ったためか、言語理解能力が高く、自らの社会的地位を向上させていきました。

ちなみにホラティウスが詩作を始めるきっかけとなったのは、ブルートゥスが起こしたカエサルの暗殺事件。
この時勃発した内戦によりホラティウスは敗北を経験します。

無一文になったホラティウスは、仕事の傍ら詩作を始め、そこからウェルギリウスと親交を持つようになります。
さらにアウグストゥス帝とも繋がりを持つようになり、秘書に任命されるも、詩人の自由を守るためにこれを辞退したのだとか。

ラテン語の賛美歌[Carmen Saeculare](世紀讃歌)はアウグストゥスの命を受け、ホラティウスが作詞したものです。

さて、今回の格言ですが、自分の能力で苦境を乗り越え、皇帝の信頼を得るまでに達した彼でも、どうしようもない怒りに苛まれることがあったのですね。
でも、それも一時的なもの。

現代では「怒りのピークは6秒」なんて言われています。
6秒間だけ我慢して冷静になれば、怒りの原因は、あなたが感情をむけることすら勿体無い、大したことのないものかもしれませんよ。

タイトルとURLをコピーしました