【同性婚】は英語で何て言う?「同性婚を法的に認めていない」などの英語をご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

同じ性別同士での結婚【同性婚(同性結婚)】は英語で何て言う?

同じ性別同士の結婚【同性婚】は英語で何て言う?
同じ性別同士の結婚【同性婚】は英語で何て言う?

「同性婚」は英語で【same-sex marriage】

女性と女性、男性と男性など、同じ性別同士の二人が結婚する事を日本語では「同性婚(同性結婚)」と言いますが、英語では[same-sex marriage]などと表現します。

現代では、2001年4月1日にオランダで認められた例が初めてとされており、アメリカやイギリスなどをはじめ、多くのヨーロッパや南米の国々(又はその一部地域)などで同性婚は合法化されています。

スポンサーリンク

例文として、「日本は、同性婚を法的に認めていません。」は英語で[Japan does not offer legal recognition to same-sex marriage.]などと表現出来ます。

この他にも、同性婚・同性結婚の英語として[same-gender marriage]や[gay marriage]と言ったり、「結婚(の機会の)平等」というニュアンスで[marriage equality]などの言い方も覚えておきましょう。

また、2013年にニュージーランドで同性婚を認める法案が提出された際に、賛成を求めるモーリス・ウィリアムソン議員(当時)が行った演説、通称「ビッグ・ゲイ・レインボー演説:big gay rainbow speech」は日本でも有名になりましたよね。

スポンサーリンク

イギリス英語圏のニュージーランド特有のアクセントがあり、ローカルネタのような内容もありますが、緩急をつけユーモアを交えた素晴らしい演説なので、ぜひリスニングの練習がてら聞いてみて下さい。

[YouTube]:ビッグ・ゲイ・レインボー演説(big gay rainbow speech)動画

合わせて、緊急事態宣言を【解除するは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました