【希望】ラ・ロシュフコーの英語の格言と日本語訳

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、文学者、ラ・ロシュフコーの格言をご紹介

ラ・ロシュフコーの「希望」の格言
ラ・ロシュフコーの「希望」の格言

“Hope and fear are inseparable. There is no hope without fear, or any fear without hope.” –La Rochefoucauld

希望と恐れは切り離せない。希望のない恐れもなければ、恐れのない希望もない。

ラ・ロシュフコー(1613-1680)

【本日の格言解説】

今週は「希望」についての名言をご紹介します。

ラ・ロシュフコーとは、17世紀に生きたフランスの貴族でありモラリスト文学者です。

モラリストというのは、16~18世紀に多く見られた、人間観察・洞察をし、人間とはどういうものかというのを分析し、綴っていた人たちのことです。

ロシュフコーの著書には、「箴言集(しんげんしゅう)」という、戒めの言葉や教訓を含んだ短い言葉、格言などを書いたものがあります。

一冊英単語 ラ・ロシュフコー箴言集: 名著で英語多読 | AYM English | 言語学 | Kindleストア | Amazon
AmazonでAYM Englishの一冊英単語 ラ・ロシュフコー箴言集: 名著で英語多読。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

貴族というと、優雅な生活ばかり思い浮かべますが、この頃は貴族と王政とが対立していて、彼も多くの戦いに参加していて、その頃の経験も反映されているといいます。

さて、そんな彼の「箴言」ですが、希望と恐れは表裏一体といっています。

恐れるという心があるからこそ、人は希望を見出しそれに向っていくのではないでしょうか。

【心】デイヴ・グロールの英語の格言と日本語訳
【人間】デイヴ・グロールの英語の格言と日本語訳
タイトルとURLをコピーしました