【ホトトギス】は英語で何て言う?

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

歴史や文学との結び付きも強い鳥【ホトトギス】は英語で何て言う?

鳴かぬなら…で有名な鳥【ホトトギス】は英語で何て言う?
鳴かぬなら…で有名な鳥【ホトトギス】は英語で何て言う?

「ホトトギス」は英語で【lesser cuckoo】

独特の鳴き声で鳴く渡り鳥「ホトトギス」は英語で[lesser cuckoo]などと表現します。

ここで使われている[lesser]は「より小さい」という意味で、[cuckoo]は鳥の「カッコー」の事なんです。

スポンサーリンク

あまり知られていませんが、ホトトギスはカッコー目・カッコー科・カッコー属の鳥なので、英語では「小さなカッコー」というニュアンスでホトトギスを表現するんですね。

例文として、「ホトトギスがちょうど餌台に止まったよ。」は英語で[Lesser cuckoo just landed on the feeder.]などと表現出来ますよ。

また、ホトトギスと言えば、戦国時代の「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康」の三英傑の違いを表現した「鳴かぬなら、殺してしまおうホトトギス。」「鳴かぬなら、鳴かせてみようホトトギス。」「鳴かぬなら、鳴くまで待とうホトトギス。」が有名ですよね。

スポンサーリンク

それぞれを英語に訳すのであれば「鳴かぬなら、殺してしまおうホトトギス。:If the lesser cuckoo does not sing, kill it.」、 「鳴かぬなら、鳴かせてみようホトトギス。:If the lesser cuckoo does not sing, make it sing.」、「鳴かぬなら、鳴くまで待とうホトトギス。:If the lesser cuckoo does not sing, wait until it does.」なんて言ってみましょう。

合わせて、ホトトギスなどの【渡り鳥は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました