ロシア人旦那のトイレの使い方に…無いわぁ…【海外結婚生活奮闘記マンガ(19)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ロシア人旦那のトイレの使い方に…無いわぁ…
ロシア人旦那のトイレの使い方に…無いわぁ…【海外結婚生活奮闘記 Vol.19】

ロシア人旦那のトイレの使い方に…無いわぁ…>ロシア人バレエダンサーとの海外結婚生活4コマ漫画[#19]

またもやトイレの話で申し訳ないのですが、海外に出ると痛感するのが日本のトイレの素晴らしさなのでご勘弁ください。

ロシア人旦那のトイレの使い方に…無いわぁ…1
ロシア人旦那のトイレの使い方に…無いわぁ…2
ロシア人旦那のトイレの使い方に…無いわぁ…3
ロシア人旦那のトイレの使い方に…無いわぁ…4

日本と違って公衆トイレであっても利用料を払うのが当たり前ですが、「お金を払ってなんでこんなトイレ使わなければいけないんだ!」と腹立たしいトイレばかりです。

山や高原に行けば無料で使えるものの、360度水平線が見える大草原に小さなトイレ(穴)が設置されていることがあります。

スポンサーリンク

ここで日本人には大問題なのが、トイレには壁が3面あるのですが、ドアがない。

「頭隠して尻隠さず」ということわざもありますが、まさにどちらを隠すべきなのか…人間性が試されますね。

トイレが一つの場合はそんな悩みも沸きますが、横並びの便器に壁がないときなどはもう笑うしかありません。

もしかしたら、男性なら横並びで用を足すこともありますので、違和感がないのかもしれませんが、個室ありきで人生を過ごしてきた日本人女性にはちょっとびっくりです。

スポンサーリンク

中国でも横長の溝がトイレということがありましたので、誰もいない時間を狙っていくのが日課でした。

そういえば、ユニットバスも海外では普通ですが、だたっぴろいバスルームにいきなりトイレがあるのも落ち着きませんね。

程よい広さで、温かい便座がある日本は本当に素晴らしい国です。
アニメにマンガ、車、ウォシュレットは日本の誇りですね。

今回の記事で気になるトイレですが、多くの機能がついている【多目的トイレ】って英語で何て言う?も記事でチェック!

前回の話【日本人にはちょっと無理?ロシア人旦那が「ご自由にどうぞ」とおすすめしたトイレとは…】もチェック!

タイトルとURLをコピーしました