【カツオ】は英語で何て言う?「鰹のお刺身・鰹節」などの英語をご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本では出汁にも使われる【カツオ(鰹)】は英語で何て言う?

鰹節などにも使われる【カツオ】は英語で何て言う?
鰹節などにも使われる【カツオ】は英語で何て言う?

「カツオ(鰹)」は英語で【bonito】

日本ではお刺身など食材をそのまま楽しむだけでなく、出汁を取る為にも使われる「カツオ(鰹)」は英語で[bonito]と表現します。

日本では、出汁に使ったり鰹節として振りかけたりと、様々な利用方法で使われるなじみ深い魚ですが、特にあまり魚の種類にこだわらない海外の方にとっては馴染みが薄い食材かもしれません。

スポンサーリンク

この感覚は「カツオ(鰹)」の英語として[skipjack tuna]や[striped tuna]なんて呼ぶ方法もあるように、海外ではいわゆる「マグロの一種」という捉えられ方をする人も多く、カツオの事を単に[tuna]と呼ぶ人も多いんです。

例文として、「今日の晩御飯は鰹のお刺身です。」は英語で[Tonight’s dinner is bonito sashimi.]などと表現出来ますよ。

日本で一般的な鰹の加工品である「鰹節」は英語で[dried bonito flakes]などと表現します。

スポンサーリンク

直訳すると「乾燥させた鰹のフレーク(薄い片)」という意味になり、かなり説明的な表現になるのであまり日本や日本料理に詳しくない方にも説明できる言い方ですよ。

合わせて、めでたい日に食べられる事も多い【真鯛は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました