【第6波】は英語で何て言う?「第6波に直面している」などの英語をご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界的な新型コロナウイルスの感染拡大の【第6波】は英語で何て言う?

新型コロナの【第6波】は英語で何て言う?
新型コロナの【第6波】は英語で何て言う?

「第6波」は英語で【sixth wave】

新型コロナウイルスの感染が世界に広がってから6度目の感染拡大期である「第六波」は英語で[sixth wave]と表現します。

ここで使われている[sixth・6th]は「6番目」を意味する6の序数で、[wave]は「波」を意味するので、英語でもそのまま「6番目の波」というニュアンスで第六波を表現するんですね。

スポンサーリンク

この表現は序数の部分を言い換える事で、「第1波」は英語で[first wave(1st wave)]、「第2波」は英語で[second wave(2nd wave)]と表現する事が出来ます。

例文として、「我々は新型コロナウイルスの第6波に直面している。」は英語で[We are facing a sixth wave of coronavirus infections.]などと表現出来ますよ。

ここで使われている[face (facing)]は「顔」という意味の名詞ではなく「直面する・迫る」という意味の動詞として使われているので覚えておきましょう。

スポンサーリンク

他にも、「沖縄には今、感染の第6波が押し寄せている。」と英語で言いたければ[Okinawa is now at the start of a sixth wave of infections.]などと言えばオッケーです。

合わせて、新型コロナウイルスの【オミクロン株は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました