【雑音】は英語で何て言う?「雑音がすごい・雑音が聞こえる」などの英語もご紹介

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

相手の声などが聞こえにくくなる【雑音】は英語で何て言う?

音が聞こえにくくなる【雑音】は英語で何て言う?
音が聞こえにくくなる【雑音】は英語で何て言う?

「雑音」は英語で【noise】

電話や通話だけでなく、近年ではオンライン会議などでも問題になる【雑音】は英語で[noise]などと表現します。

日本語でも雑音がする事を「ノイズがひどい」なんて言い方をするので、馴染みのある表現ですよね。

スポンサーリンク

例文として「ちょっと雑音が聞こえるよ。」は英語で[I can hear some noise.]などと表現します。

また、「騒々しい(雑音がする)」という形容詞的なニュアンスで[noisy]を使って表現しても良いでしょう。

例えば、「雑音がすごい。」は英語で[It’s very noisy.]と言えば良い訳ですね。

スポンサーリンク

また、ビデオ会議などでもよくある「サー(ザー)」という機械的な雑音については[static]や[white noise]なんて言ってもオッケーですよ。

合わせて、オンライン会議あるある【音が途切れるは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました