【大使館】は英語で何て言う?「大使・治外法権」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

外国で困った時に頼りになる【大使館】は英語で何て言う?

外国にある【大使館】は英語で何て言う?
外国にある【大使館】は英語で何て言う?

「大使館」は英語で【embassy】

外国にある外交施設で、自国民の保護や外交の拠点ともなる施設「大使館」は英語で[embassy]と表現します。

この[embassy]という単語はフランス語で「大使の事務所」という意味のある[embassee]という単語が語源となっていて、「大使の事務所=大使館」という事になるんですね。

スポンサーリンク

また、国の特命全権大使である「大使」は英語で[ambassador]、大使館で働く「大使館員(大使館職員)」は英語で[embassy staff]などと言えば良いでしょう。

例文として、「日本大使館の前で抗議デモがあった。」は英語で[There was a protest in front of the Japanese embassy.]などと表現すればオッケーです。

この例文のようにどこかの国の大使館と表現したければ「(国名の)大使館」と表現すれば良く「アメリカ大使館」であれば[American embassy]となります。

スポンサーリンク

ちなみに、大使館に認められている「治外法権」は英語で[extraterritorial rights]や[extraterritoriality]などと言えばオッケーです。

合わせて、大使館にお世話になる事も多い【国際結婚は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました