【なるほど】は英語で何て言う?様々な「なるほど」のニュアンスの違いもご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

相手の話に対しての相槌【なるほど】は英語で何て言う?

会話に使う相槌【なるほど】は英語で何て言う?
会話に使う相槌【なるほど】は英語で何て言う?

「なるほど」は英語で【I see.】

相手の話に対する相槌の1つで、話の内容などが分かった時に言いたい「なるほど」は英語で[I see.]などと表現します。

ここで使われている[see]は「見る」という意味ですが、そこから「見聞きして内容を理解した」という事を表現する訳ですね。

スポンサーリンク

例文として「あーなるほど。」は英語で[Oh, I see.]などと言えば良い訳ですね。

他にも、なるほどの英語として、「たしかに」と相手の話に同意するようなニュアンスを出したい時は[Right.]という表現もよく使われます。

これは[That’s right.]や[You’re right.]などと言う事も出来るので、省略しなくてもオッケーです。

スポンサーリンク

ちなみに、よくわからない事が明確になった時の「なるほど」は英語で[That make sense.]などと言う事が出来ます。

「なるほど。わかった。:I see.」、「なるほど。確かに。:Right.」、「なるほど。そういう事か。:That make sense.」など状況に応じて使い分けてみましょう。

合わせて、順番などを相手に譲る【お先にどうぞは英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました