【ピンとくる】は英語で何て言う?「ピンと来ない」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

何かに思い当たる事を表現する【ピンとくる】は英語で何て言う?

思い当たる【ピンとくる】は英語で何て言う?
思い当たる【ピンとくる】は英語で何て言う?

「ピンとくる」は英語で【ring a bell】

人の言葉や態度などから、本来の意図や思い当たる記憶に気付く事を意味する「ピンとくる」は英語で[ring a bell]などと表現します。

[ring]は「鳴る」という意味なので、英語では「ベルが鳴る」というニュアンスでピンとくるを表現する訳ですね。

スポンサーリンク

日本語で、「ピンとくる」と言えば電球がピカーンと光るようなイメージをする場合が多いですが、英語では「鐘を鳴らす」というイメージの違いがあるのは面白いですね。

例文として、「ごめん、ちょっとピンと来ないな。」は英語で[Sorry, it doesn’t ring a bell.]などと表現すればオッケーです。

他にも、ピンとくる(ピンときた)の英語としては[Now I got it!]なんて表現も使えるでしょう。

スポンサーリンク

こちらで使われている[get it]は「理解する・わかる」といった意味になるので、ニュアンスとしては「あーようやくわかった!」といった感じで使えるので覚えておくと便利ですよ。

合わせて、女性がピンとくる【女の勘は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました