「これだけは伝えたい」イギリスの本当の魅力!【オドロキの英国生活(7)】

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
「これだけは伝えたい」イギリスの本当の魅力!
「これだけは伝えたい」イギリスの本当の魅力!【オドロキの英国生活vol.7】

<「これだけは伝えたい」イギリスの本当の魅力!>オドロキの英国生活[#7]

私がイギリスを好きな理由のひとつに、建物がいちいち素敵すぎて言葉にできないことがあります!

私が住んでいた寮の近くにはお城があったのですが、そのお城の写真を親に送ると「どこに旅行に行ったの?」と驚かれたぐらいです。

スポンサーリンク

寮から見える普通の(?)お城の写真をわざわざ親に送っている事を友達に話したら鼻で笑われてしまいましたが(笑)それくらいその建物も素敵だったのです!

もちろん、イギリスには近代的な建物もありますが、古くからある建物は本当に素敵で何日見ていても飽きません。
大学の授業を受ける教室が、まるでハリーポッターに出てくるホグワーツ魔法魔術学校のような空間で受けることもあり、もうテンションはMAXでした。

寮の近くにあった大聖堂は、外観はもちろん、中に入るともうそこは別世界!

スポンサーリンク

大きなステンドグラスから明るく日差しが差し込み、そのまま天井を見上げると凝りまくった彫刻がぎっしりで、その空間すべてが美しすぎて息をのむどころではありませんでした。

近所にあったお城や宮殿には、エリザベス女王がお泊りになる場所もあり、エリザベス女王が実際につける王冠まで観光客に公開されていて感動しました!

お城や宮殿だけではなく、普通に街を歩いているだけでも、イギリスには素敵な建物や風景がたくさんあっていつでもカメラが手放せません。

イギリスはガーデニングで有名な国で、建物のベランダや街頭に手入れが行き届いた花が飾ってある事も多く、ついつい写真を撮ってしまいます。

スポンサーリンク

なんだか「カメラが手放せない」と言うと外国人が想像する典型的な日本人像になってしまいますが、本当にそうなってしまいます。

写真なんて素人の私ですが、その私が逆立ちして撮った写真でも絵になっちゃうのですから。

次回は、イギリスで得たド派手な交友関係をご紹介します。

第1話から見たい方はコチラから

今回の記事でも話題にあがったガーデニングの【花壇は英語で何て言う?】も記事でチェックしよう!

タイトルとURLをコピーしました