【手首】は英語で何て言う?「手首をねん挫する・手首の検温」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

手と腕を繋ぐ【手首】は英語で何て言う?

手と腕を繋ぐ【手首】は英語で何て言う?
手と腕を繋ぐ【手首】は英語で何て言う?

「手首」は英語で【wrist】

手と腕を繋ぐ部位であり、運動や音楽でも非常に重要な「手首」は英語で[wrist]などと表現します。

スペルを見るとわかりにくいかもしれませんが、手首に巻く「リストバンド」の「リスト:wrist」の事ですね。

スポンサーリンク

スペルを見ると「ウリスト」と読みそうですが、最初の[w]の部分は発音しないので、読み方は「リスト」でオッケーです。

例文として、「手首をねん挫して、スマホがうまく使えません。」は英語で[I sprained my wrist and cannot use my phone properly.]などと表現しますよ。

また、新型コロナで行われるようになった「手首の検温」は英語で[wrist temperature measurement]などと言えば良いでしょう。

スポンサーリンク

ちなみに、ゴルフやテニスなどのスポーツの動きとして説明する時の「手首を返す(かえす)」は英語で[roll one’s wrist]や[flip one’s wrist]などと表現出来ますよ。

合わせて、手首とは反対の足の付け根にある【足首は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました