【足首】は英語で何て言う?「足首をひねった・ねんざ」などの英語もご紹介

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

くるぶしの上の部分【足首】は英語で何て言う?

足の一部【足首】は英語で何て言う?
足の一部【足首】は英語で何て言う?

「足首」は英語で【ankle】

ふくらはぎの下にくる部分で、くるぶしの上にある「足首」は英語で[ankle]と表現します。

日本語では「首」という言葉を使うので、[neck]という単語を使いたくなりますが、英語では足首に対してネックという表現は使いません。

スポンサーリンク

日本語でも、足首に付けるアクセサリーの事を「アンクレット」と言ったりしますが、これは英語の[ankle]が語源となっています。

英語の[-let]は「小さい」という意味があり、アンクレットは「足首に付ける小さい物」というニュアンスで、これは「ブレスレット:bracelet」や「小冊子:booklet」にも使われています。

例文として、「足首をひねってしまったみたいです。」は英語で[I think I’ve twisted my ankle.]などと表現します。

スポンサーリンク

また、足首をひねった結果の「足首のねんざ」は英語で[sprained ankle]などと言えばオッケーですよ。

合わせて、足首の怪我などでも使われる【松葉杖は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました