【コミケ】は英語で通じる?通じない?「同人誌・コミケに行きたい」などの英語もご紹介

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

同人誌即売会の【コミケ】は英語で通じる?通じない和製英語?

【コミケ】は英語で通じる?通じない和製英語?
【コミケ】は英語で通じる?通じない和製英語?

「コミケ」は英語で【ほぼ通じる】

アニメや漫画などに関する世界最大の同人誌即売会である「コミケ」は英語でもほぼ通じる表現です。

そもそも「コミケ」は「コミックマーケット:Comic Market」が省略された表現なので、略さずに[Comic Market]と言っても当然オッケーです。

スポンサーリンク

しかし、コミックマーケット公式のロゴマークにも記載されているように、略称は「コミケット:Comiket」となるので、英語でも「コミケッ(ト)」といった感じの発音になります。

例文として、「今年の夏はコミケに行きたい。」は英語で[I want to go to Comiket this summer.]などと言えばオッケーです。

また、コミケで販売される「同人誌」は英語でもそのまま[doujinshi(dojinshi)]と言っても良いのですが、さすがに日本文化に理解がある人にしか通じないので、「個人で発行している雑誌:magazines published by a group of individuals」なんて説明しても良いでしょう。

スポンサーリンク

また、その同人誌を売る「同人誌即売会」は英語で[doujinshi marketplace]なんて言われており、コミケの公式サイトでは「同人誌の展示・頒布を中心にした社会的な機能:Social functions centered around the display and distribution of doujinshis.」なんて説明が書いてありますよ。

合わせて、漫画などの【最終巻は英語で何て言う?】をチェック!

タイトルとURLをコピーしました